スカイラインは、日産伝統のスポーツセダンで、ドライバーの意図に忠実なハンドリングが特長です。

モーターアシストを重視した3500cc・V6+モーターのハイブリッドとダイムラー社製2000ccターボの2本立て。
トランクにもインフィニティバッジが付く変更を実施。

日産の主力となるコンパクトカー。全高は立体駐車場を使いやすい1525mmだが、
ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2600mmと長く、後席の居住性も優れています。

NISSANスカイライン値引きのポイント

日産スカイラインは、同士競合を中心にライバル車競合を絡ませよう。

ターボ、ハイブリッドとも全般的に値引き条件は拡大傾向です。
まずは同地区内にある日産店、プリンス店、サティオ店の
日産系販売店同士の競合をベースに商談を進めましょう。

本体値引き以外に用品値引きや下取り査定額の上乗せも交渉しましょう。

ライバル競合車は、クラウンターボ、アテンザ、レガシィB4です。

限界値引き目標額は、27万円

基本は、値引き額をセリに掛ける要領で上乗せさせていくことです。

多くのユーザーにとって、クルマの購入商談で最も大切なことは値引きの拡大でしょう。
新車の購入は軽自動車でも100万円以上の高額ですから、交渉で数万円の違いは大きいです。

出来ることは全部やっちゃいましょう。
ここでは基本的なことをお伝えします。

(1)販売店が値引きしやすい時期があります。
それは、3月の決算フェア、9月の中間決算フェア。
共にメーカーや販売会社の決算にも関係するから値引きを増やしやすいです。

(2)販売店側から見ると値引きには販売促進の効果があるので、
発売直後は値引きが少なくても売りやすいけど、時が経過して人気が下がると、
逆に値引きをしないと売りにくくなります。

(3)競合をさせましょう。
販売店も売ってなんぼですから、競合を持ち込まれると頑張ります。
そこでユーザーは商談に次の要素を持ち込んで競合に持ち込みましょう。
・同地区内にある日産店、プリンス店、サティオ店の日産系販売店同士で競合
・クラウンターボ、アテンザ、レガシィB4と競合

(4)買取店と下取りの競合
下取りは販売店が新車を売るために行うサービスの一環で、買取りはそれだけを行うことで
買取り専門店が主に行い、さまざまな業者が参入しています。詳しくは以下の説明します。

■下取りか、買取店か
これまで乗ってきたクルマは新車ディーラーへ下取りに出すのが便利で手間がかかりません。
原則として納車となる日まで下取り車に乗っていられるからです。

だたし、ここで問題。
下取り額が必ずしも値段的に有利になるとは限りません。
むしろ最近は中古車買取店の方が高くなるケースが目立つようです。

引く手あまたの人気車やスポーティーカー、輸入車などはもちろんのこと、
10万kmを超えた低年式車でも積極的に買い取ってくれるので、
買い替えの際は下取り額と比較してしっかり損得勘定しましょう。

まずはこちらで査定を(*^^*)
↓ 
↓ ↓ ↓ ↓

最大10社の見積もり比較で愛車の売却最高額実績がわかります!